徐福草(ヒュウガトウキ)は自然栽培

2015.11.21

弊社が販売いたします、ヒュウガトウキ(日本山人参)

もともと、弊社のある宮崎県の北部 日向の国と呼ばれていた地域に
自生していた特有のトウキのことを指しています。

ですから、昔は山に入るとそこかしこに自生していました。
しかし近年、その名が知れるようになり みんなこぞって 採取をし
今では、宮崎県のレッドデータブックにイエローデータとして掲載されるほどになってしましました。

というのも・・この日向になぜ? 栽培方法は?などなどその育成方法が解明されていなかったからです。

しかしながら、この日向の国では自然栽培でも十分に生育します。
農薬はもちろん肥料も使用いたしません
逆に、自然栽培だからこそ安心ですし、成分が濃いという自信があります。

DSC_0610

除草剤やビニールマルチの代わりにもみ殻を敷き詰めました。。

肝臓がんや高血圧高血糖などメタボが気になり始めた方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

亀長茶園「徐福草」公式ショップへ

ブログのトップページへ

最近のコメント

  • まだコメントはありません

月別アーカイブ

このページの先頭へ戻る