さあ今年もあと2ヶ月

2018.11.01

いよいよ今日から11月ですね。

お彼岸を過ぎたころから急に寒くなってきて

ここ九州の中山間部でも夜は毛布だけじゃ足りなくなってきました。

寒くなってきますと 風邪をひきやすくなったり 肩こりや腰痛など

体調を壊しやすくなりますね。

面白いもので、毎年 お彼岸を過ぎるころから日本山人参茶のご注文をいただく件数がグッと増えてきます。

皆さん、寒くなると健康にいっそう注意するようになるのですね。

ヒュウガトウキには、血行改善の効果があるとされます。

体をあっためて 血流を促し その結果 風邪予防や 肩こり腰痛改善

ひいては皆様がお悩みのいろんな症状に聞くと考えます。(とっても個人的な意見ですが【^^;)

 

あっ そうそう 来年1月 2019年1月23日から25日に

東京ビッグサイトで開催される健康博覧会に出展することを決めました。

bnr_j470-60

皆さん ぜひ遊びに来てください。。

 

 

 

#ヒュウガトウキ #日本山人参 #健康博覧会 #肩こり #腰痛 #風邪 #お彼岸 #中山間 #宮崎県

 

Comment(0)

九州で初めてのホップ栽培!!

2018.10.16

亀長茶園では、ヒュウガトウキ(日本山人参)のほかにも、お米や季節の野菜などいろんなものを栽培しております。

その中の一つに、地元の地ビールーメーカーさんの取り組みの一つ

九州初の 九州産ホップを使ったビールの開発に協力させていただいています。

 

これまで温暖な九州では、ホップは育たない!!

地ビールメーカーの社長は ヨーロッパの研究者 日本の先進地域のしどうしゃにはっきりと断言されたそうです。

しかし、この社長は「やってみないとわからない!!」

「かめちゃん、やろうぜ!!」と

そんなこんなで 商売になるかならないかはさておき

男のロマンとしてビールメーカーの ホップ栽培に取り組んでいます。。

皆さん、ビールも健康に良いですよ。。。【^^ 私はストレス発散は1日の終わりのビールです。

宮崎ヒデジビール よろしければ飲んでみてください。。

43879260_1349814338488622_1377886995308609536_n 44047534_1349814271821962_8690527575090397184_n

43851723_1349814115155311_5835628659859259392_n 44032459_1349814181821971_768380713090154496_n

Comment(0)

ヒュウガトウキの畑 拡張中!!

2017.10.21

昨今の、薬に頼らない健康維持の考え方の広まりでしょうか?

ヒュウガトウキをお求めになるお客様が急増中です。。

確かに、薬害や後遺症の出る恐れのある化学合成のお薬よりも

自然由来の植物から作られる 食品で健康維持ができればそれは夢のようなお話です。。

日頃から食事や運動に気を遣い ヒュウガトウキ(日本山人参)のような食品を

毎日 飲み続けていただければきっと良いことがあると

素直に信じていただくことが大事です。。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然

Comment(0)

ヒュウガトウキ畑の除草作業

2017.07.09

いまだ梅雨明けすることもなく。。

福岡県南部や大分県北部では、大水害が発生し亡くなられた方も多数いらっしゃるようです。心よりお見舞い申し上げます。

九州北部ほどではありませんが、ここ宮崎の延岡市でも強い雨が短時間に降る状況です。時折見せる太陽が気温を一気に上昇させて 息苦しいくらいに湿度が増します。

春先の寒暖差じゃないですが、体がついていけない感じです。

そんな中、植物はたくさんの雨と強い日差しですくすくと成長しており、除草作業に追われる毎日をおくっているところです。。

DSCF4018 DSCF4019 DSCF4021 DSCF4022

1、 作業はじめ                 2、機械でヒュウガトウキをよけながら       3、やっと姿を現しました            4、どこにあるかわかりますか?

まだまだ暑い夏はこれからですA(==;

 

Comment(0)

日本山人参の収穫直前

2017.05.24

釜炒り茶が ちょっと落ち着くとすぐに 田植えの準備が始まります。。

ゴールデンウィーク明けすぐに お米の苗用に 種もみを消毒して水に漬け込み発芽をさせます。

消毒からちょうど1か月後が田植えの予定日になるので、それまでに草きり、肥料散布 アラ代 植え代 

田植えが終われば米は出来たようなもの(^^;  です!!

そんな超~多忙な中 日本山人参の収穫期も「今」です。。

胸丈くらいまでに成長して 力強く 青々と成長した山人参!!

これから 花を咲かせ 種を実らせる そんな一番大切な作業のために栄養をたくさん蓄えたこの時期に

よこどり・・いた、おすそ分けをいただきます。

梅雨の前の天気の日が続く 今のうちに頑張ります。

DSCF5472 DSCF5468

Comment(0)

新茶の季節到来!!

2017.05.17

久しぶりの投稿です。。

というのも、毎年この時期 ゴールデンウィーク前後は 

亀長茶園にっとっては 一番のかき入れ時です。。

もともと、亀長茶園は、ご近所の方々が庭先や畑の周りに垣根みたいに植えている

お茶の木の新芽を摘み取り 各々 夜なべでお茶炒りをしていた習慣からの

その夜なべ部分を受託で加工するのがこの時期のお仕事でした。

10年くらい前は、1晩に1500㎏くらい持ち込まれ それこそ3日3晩寝られない夜もありました。

時は流れ、今ではお茶を摘む「お年寄りがいなくなった」「もう自分の家で飲む分だけでいいわ~」なんて

高齢化の波、後継者不足の波は 亀長茶園にも押し寄せ、今では全盛期の2分の1いや3分の1になりつつあります。

 

とは言ったものの、「季節の風物詩」「釜炒り茶の根強い嗜好」で亀長茶園をご愛顧してくださるファンに支えていただいています。

 

亀長茶園の釜炒り茶は、お茶業界のコンテストには出展しませんが

地元の皆様が 習慣的に飲み続けていた伝統の味にこだわり 地元の人が「おいしい」と思っていただけるお茶づくりを続けていきます。

コンテストに出品すると 釜炒り茶文化ではない人たちに審査や指導を受けることになり、お茶への考え方が変わりそうだから(^^;

亀長茶園は これでいい!! そうしたい!! これでやっていきます!!(^^;

これからもご愛顧のほど よろしくお願いします。。

DSCF5454

Comment(0)

桜の季節到来。

2017.04.09

さあ、いよいよ春本番です。。

2017年も早いです(^^;

亀茶のシンボルツリー 枝だれ桜も無事 満開の花を咲かせております。

今年は、雨が多くなかなかスカッとした青空に桜にあえませんが、花曇りのグレーにピンクの色合いもまた良しです。

Comment(0)

明日で3月も終わりです。

2017.03.30

さあ、春本番!!

と・・言いたいところですが・・今年は桜がまだ咲いていません。

ここ宮崎県日向の地でも 数ある桜の名所はどこも咲いていません。。

DSCF5363

川の向こう岸は一面の桜並木 五ヶ瀬川と干支大橋 八峡橋の背景に桜が映えるポイントですが。

今はこの通り見ごろは2週間くらい先かな??

そんな風光明媚な川沿いをジョギングしていると

自生しているヒュウガトウキをたくさん発見できます。

DSC_1293

栄養満点のヒュウガトウキですが 意外と生息している場所は 急傾斜の石垣のような場所です。

これから自生しているヒュウガトウキを写真にとってちょくちょくアップしていきたいと思います。

#ヒュウガトウキ #日本山人参 #癌 #高血圧 #高血糖 #徐福 #秦の始皇帝

 

Comment(0)

春のポカポカ日和

2017.03.15

春のポカポカ日和に、冬ごもりをしていた私もこたつを飛びだし、ジョギングなどしております(^^

ふと、川縁のヒュウガトウキが自生している所に目をやると、あった!!

思わずパチリ📷 いい写真が採れました。DSC_1290DSC_1293

Comment(0)

あっという間の3月です。

2017.03.02

2月は徐福草と共に 東京・大阪の展示会に出展してきました。

東京と言っても、千葉の幕張メッセでしたが。

田舎者の悪い癖で、千葉も東京!!横浜も東京と言ってしまいます。(^^;

まあ、ディズニーランドも東京ですからね(^^)

展示会で思うこと「徐福導師は超有名人」

徐福の名前で、三重県や高知県 茨城県と言った県の人たちが「何で?」と話しかけてきます。特に和歌山県の方が聞いてきます。

そして外国の方もです。中国・韓国・台湾 お陰で商談が進みます。

DSC_1236

余談ですが、「サラリーマン金太郎」の作者 本宮ひろ志さんの新連載の主人公は「徐福導師」だそうです。今流行りの「キングダム」も秦の始皇帝のお話です。徐福!!来てますね〜来てますよ〜(^^)d

DSC_1085

♯日本山人参 ♯ヒュウガトウキ ♯高血圧 ♯高血糖 ♯癌 ♯アンチエイジング

Comment(0)

亀長茶園「徐福草」公式ショップへ

ブログのトップページへ

最近のコメント

  • まだコメントはありません

月別アーカイブ

このページの先頭へ戻る