日本山人参(ヒュウガトウキ)マメ知識

2019.04.15

江戸時代から薩摩藩で珍重されてきた

大変希少価値のある伝承植物「日本山人参」。

日本山人参の力を知り尽くした薩摩の先人に「神の草」と言わしめたと伝えています。


当時、この「日本山人参」を栽培することは困難で、自生するものだけを乱獲することなく、大切に伝えてきました。
薩摩藩が門外不出にしたことにより、

その力は現代まで広く知られることがなかったといいます。

幕末の日本では、現代のような十分な食事ができていない時代

きっと癌や糖尿病 ましてや アンチエイジング 美肌などは考えもしなかったことでしょう

多分 栄養不足で足りていない ビタミンやポリフェノールなどを補うために

徴用したのでしょうね。。。

コメントを残す

亀長茶園「徐福草」公式ショップへ

ブログのトップページへ

最近のコメント

  • まだコメントはありません

月別アーカイブ

このページの先頭へ戻る