ヒュウガトウキ豆知識2

2019.04.19

日本山人参
学名:(Angelica Furcijuga Kitagawa)
アンジェリカ フルキジュガ・キタガワ
和名:ヒュウガトウキ
科名:セリ科

セリ科の多年草である日本山人参は日本固有の植物で、

宮崎高千穂、大分県の山間から鹿児島県霧島山系に自生している多年性植物です。
体内で十分な量が合成できない9種類の必須アミノ酸ほか、ポリフェノールなどのすぐれた健康成分を含みます。

 

栽培現場では日本山人参に 色々な顔(草姿)があるのに気がつきます。
大きい葉、小さい葉、緑色の茎、紫色の茎、大きな草丈、小さな草丈、小さな葉を多くつけ茎立ちを しないもの、

大きく茎立ちをして1年で枯れるもの、小さな膨らみのある黒っぽい種をつけるもの、

薄い平らな大き目の種をつけるものなど色々な固体差があります。

 

植物学的に日本山人参は種が固定された品種ではなく種が固定されていない原種です。

このことは、日本山人参は近年まで人の手で栽培された歴史のないワイルドな植物であったことを物語っています。

自然の力を摂取するから 育てている場所が重要だと考えます。

私たちは もともと自生している日向・高千穂の地にこだわったヒュウガトウキの栽培を行っています。

俗に言われる

癌や血糖値 ダイエットやアンチエイジングなどはヒュウガトウキの血行改善効果の副産物なのではないでしょうか?

Comment(0)

日本山人参(ヒュウガトウキ)マメ知識

2019.04.15

江戸時代から薩摩藩で珍重されてきた

大変希少価値のある伝承植物「日本山人参」。

日本山人参の力を知り尽くした薩摩の先人に「神の草」と言わしめたと伝えています。


当時、この「日本山人参」を栽培することは困難で、自生するものだけを乱獲することなく、大切に伝えてきました。
薩摩藩が門外不出にしたことにより、

その力は現代まで広く知られることがなかったといいます。

幕末の日本では、現代のような十分な食事ができていない時代

きっと癌や糖尿病 ましてや アンチエイジング 美肌などは考えもしなかったことでしょう

多分 栄養不足で足りていない ビタミンやポリフェノールなどを補うために

徴用したのでしょうね。。。

Comment(0)

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは

2015.11.01

ヒュウガトウキ(日本山人参)は

根っこが薬事指定されるほど効果があるとされています。

一般的に高血圧・高血糖、ガンの予防など沢山 期待されてお問い合わせを頂きますが。亀茶で販売するのは、茎と葉の部分を使った健康茶です。

根っこは販売できません。病気を直すと言うより、予防すると考えていただきたいと思います。持病がある方は、お医者様にされてご愛用下さい。

PC035384

 

Comment(0)

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは

2015.10.24

ヒュウガトウキ(日本山人参)ってなに?

弊社サイトに来られた方の多くは そう思われたかもしてません。

ヒュウガトウキ・・もともとトウキとは、漢方などで用いられる薬草です。
その中でも 北海道に自生するエゾトウキ  京都周辺に自生するヤマトトウキと並び
九州の中央部の太平洋側の一部地域、いわゆる日向と呼ばれる地域に自生するのがヒュウガトウキです。
日本3大トウキとも呼ばれ 中でもヒュウガトウキは根っこが薬事指定されるほど薬用があるとされています。

亀長茶園では、約30年前より 自社農園にて自然栽培(農薬不使用・堆肥を少しだけ)での栽培し

0519

釜炒り茶の製法で商品化し販売を行っています。癌や高血圧・高血糖 アンチエージングなどの効果があると言われていますが、亀長茶園ではお茶(食品)としてみなさまにおすすめしています。

Comment(0)

亀長茶園「徐福草」公式ショップへ

ブログのトップページへ

最近のコメント

  • まだコメントはありません

月別アーカイブ

このページの先頭へ戻る