田植えの準備全快

2019.05.23

梅雨入り間近にして

この1週間は真夏日が続いております。

この時期は、お茶の加工や茶畑の管理に加え

ヒュウガトウキの収穫加工

などなどなど、目まぐるしく仕事が重なっておりますが

そのなかでも やっぱり

田植えの準備が一番じゅうようです。

田んぼ周辺の草刈りはもちろん 肥料の散布

と同時に 苗を立てる作業をしております。

消毒した籾だねを苗箱にまいて

1週間 棚で寝かせると苗が育ちます。

ビニールで被って1週間は覗くの厳禁です。。

上手く育っているか毎年ドキドキです(^^;20190514_105949

Comment(0)

平成最後の日

2019.04.30

雨の火曜日です、草切り作業頑張っています。

通常、お茶の収穫加工を頑張っているはずなのですが 雨休みです。。

別に急ぐわけではないのですが、明日(令和)につなぐお仕事(^^;
ほったらかしで延び放題の田んぼやヒュウガトウキ、キクイモ畑の除草作業をカッパ来てやっとりまーす。

皆さま、新時代もよろしくお願いいたします。
\(^-^)/

Comment(0)

桜満開!!

2019.04.06

咲かない 咲かないと言っていた桜も

あっという間に満開になりました。

先日、日頃からお世話になっている 地元の地ビール会社のお花見会に呼ばれ

実に10数年ぶりに 延岡城址公園広場に行きました。

お花見用に毎年 ライトアップされているのは知っていたのですが

なかなかゆっくり 花をめでる 地元延岡の史跡をめぐる機会もなく

今回は、よい機会をいただきました。

会場は、お花見期間中 プロジェクションマッピングが放映されていて

お城と宮崎の神話の神秘的な感じで大変楽しかったです。

地元の地ビールメーカー「ヒデジビール」さんは「農援プロジェクト」と称し

ホップや大麦などを地元 宮崎ですべて生産する取り組みを行っていて

弊社、亀長茶園はそのプロジェクトに参加しております。

昨年 「九州クラフト」という新ブランドを立ち上げ弊社の生産したホップが使われています。

ビールは飲みすぎるといけませんが ストレス解消や血行改善効果による がん予防や美肌効果も期待できます。

みなさん 大手の発泡酒や第3のビールではなく是非 本物の地ビールをお召し上がりください。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、夜、屋外画像に含まれている可能性があるもの:飲み物、食べ物画像に含まれている可能性があるもの:3人、、村上史晃さん、梶川 悟史さんなど、座ってる(複数の人)、テーブル、木、プール、屋外、食べ物

Comment(0)

もう雨はいいです。。

2019.03.15

この2月~3月は毎週のように雨です。
もう雨はいいです(;^_^A

しかもここ2週は 大雨と来たもんだ。(泣)

昨日は、珍しく晴れの日が続いたおかげで
畑が少し乾いたので、慌てて植え付けの準備をしました。

本日の夜にまた雨の予報
田んぼはさすがに乾きません(泣)
いつになったら準備が終わるのか・・・

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、屋外、自然

Comment(0)

九州産ホップ事業の取り組み

2019.03.11

だいぶ春めいてきました。

いつの間にか菜の花が咲き

山桜もその存在を主張するように咲始めました。

春に3日の晴れ間なし・・畑の仕事がはかどらず困っております。

こんなことなら寒いのを我慢して もっと畑仕事をやっとくべきでした。。

まあ、そんな中ですが

我が宮崎県・延岡市にある世界一の地ビールメーカー「ひでじビール」さんと

取り組むホップの栽培勉強会を 県の地域薬草センターさんにて開催しました。

昨年は、新燃岳の噴火のせい? 

県南地区の圃場が株ごと死滅してしまいその原因究明と共に今後の栽培指針を話し合いました。

なにせ、九州では不可能といわれているホップをやるっということ

前例がない、失敗を経験値に代えて進むしかありませんが

今のところ概ね順調である。。と思います。。

とにかく、自園で出来たホップからビールができる!!楽しみで仕方ありません(笑)

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、家、植物、屋外画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

Comment(0)

雨の多い3月です。

2019.03.05

さあ、2019年もあっという間に3月です。

そして平成という元号もあと2ヶ月足らずとなって参りました。

そして何より、新茶の季節まであと2ヶ月

やること山積みです。。

が、田んぼも畑も 今年のように毎週雨に降られると作業ができません(;^_^A

なんとか堆肥の散布完了!!

耕運はたまった水がなくなるの待ち!!

待ってる間に、畔塗りマシーンで畔塗ってます。。

あとは、今月中に菊いもの植え付けは終わらせないと(;^_^A

ヒュウガトウキやホップのメンテも大事ですよ!!

忙しい忙しい!(笑)

心を亡くさないようにしないとね、。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:空、草、木、山、屋外、自然

Comment(0)

Beach Cafe fuegoさん

2019.01.18

湘南やハワイに負けない

九州のサーフィンの聖地 日向市

昨年はこの写真の海で世界大会も開催されました。

その風景を一望できる丘の上に最近オープンしたカフェ「huego」さんご縁を頂きご挨拶に伺って参りました。

真冬でも海は良いですな〰。

夏の海はもっといいだろーなー。。

オーガニックコーヒとチーズケーキも抜群です!!

亀茶の雲海紅茶もこんなお店でご提供いただけると最高です。

皆さんも是非 お越しください。(^^)d

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、室内画像に含まれている可能性があるもの:海、空、屋外、水、自然画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、テーブル、室内

Comment(0)

いつの間にか12月

2018.12.19

48099923_1393331997470189_8530317585483300864_n

早いもので今年も、あと2週間ちょっと残すのみとなりました。

今年の秋から冬にかけては 9月ごろ雨が全く降らない時期があり

10月の中旬ごろからは 週に1回ペースで結構まとまった雨が降るそんな感じでした。

一雨ごとに寒さが増していく。。いつの間にか年の瀬らしい気候になっていました。

畑的には、定期的に雨が降ってくれるので 野菜たちは順調に生育していますが

一部生産者は、9月の台風の影響で ビニールハウスや農地が壊滅的に打撃を受けたり

種をまいたばかりのダイコンやキャベツが 流されて甚大な被害を受けたと聞きます。

さあ 2018年も残りわずか

私的には、毎年恒例化している 青島太平洋マラソンを無事完走!!

今年で走り始めて20年 いつも思うのですが 沿道で応援してくださる方々は

見ず知らずのランナーをわざわざ 寒い中 大きな声で応援してくださいます。

中には、栄養補給のあめやチョコレートをくださる方もいます。

この方々の声援がなければ 42.195㎞はもっと長く苦しいものになると思います。

仕事も同じですね、こうして私が書くブログを見てくださる方がいる ありがたいことです。

来年もまた、一歩一歩 今はまだゴールは見えませんがそこに近づけるよう頑張っていきます。

来年もまた 皆様の暖かいご声援をよろしくお願いいたします。

Comment(0)

九州で初めてのホップ栽培!!

2018.10.16

亀長茶園では、ヒュウガトウキ(日本山人参)のほかにも、お米や季節の野菜などいろんなものを栽培しております。

その中の一つに、地元の地ビールーメーカーさんの取り組みの一つ

九州初の 九州産ホップを使ったビールの開発に協力させていただいています。

 

これまで温暖な九州では、ホップは育たない!!

地ビールメーカーの社長は ヨーロッパの研究者 日本の先進地域のしどうしゃにはっきりと断言されたそうです。

しかし、この社長は「やってみないとわからない!!」

「かめちゃん、やろうぜ!!」と

そんなこんなで 商売になるかならないかはさておき

男のロマンとしてビールメーカーの ホップ栽培に取り組んでいます。。

皆さん、ビールも健康に良いですよ。。。【^^ 私はストレス発散は1日の終わりのビールです。

宮崎ヒデジビール よろしければ飲んでみてください。。

43879260_1349814338488622_1377886995308609536_n 44047534_1349814271821962_8690527575090397184_n

43851723_1349814115155311_5835628659859259392_n 44032459_1349814181821971_768380713090154496_n

Comment(0)

新茶の季節到来!!

2017.05.17

久しぶりの投稿です。。

というのも、毎年この時期 ゴールデンウィーク前後は 

亀長茶園にっとっては 一番のかき入れ時です。。

もともと、亀長茶園は、ご近所の方々が庭先や畑の周りに垣根みたいに植えている

お茶の木の新芽を摘み取り 各々 夜なべでお茶炒りをしていた習慣からの

その夜なべ部分を受託で加工するのがこの時期のお仕事でした。

10年くらい前は、1晩に1500㎏くらい持ち込まれ それこそ3日3晩寝られない夜もありました。

時は流れ、今ではお茶を摘む「お年寄りがいなくなった」「もう自分の家で飲む分だけでいいわ~」なんて

高齢化の波、後継者不足の波は 亀長茶園にも押し寄せ、今では全盛期の2分の1いや3分の1になりつつあります。

 

とは言ったものの、「季節の風物詩」「釜炒り茶の根強い嗜好」で亀長茶園をご愛顧してくださるファンに支えていただいています。

 

亀長茶園の釜炒り茶は、お茶業界のコンテストには出展しませんが

地元の皆様が 習慣的に飲み続けていた伝統の味にこだわり 地元の人が「おいしい」と思っていただけるお茶づくりを続けていきます。

コンテストに出品すると 釜炒り茶文化ではない人たちに審査や指導を受けることになり、お茶への考え方が変わりそうだから(^^;

亀長茶園は これでいい!! そうしたい!! これでやっていきます!!(^^;

これからもご愛顧のほど よろしくお願いします。。

DSCF5454

Comment(0)

亀長茶園「徐福草」公式ショップへ

ブログのトップページへ

最近のコメント

  • まだコメントはありません

月別アーカイブ

このページの先頭へ戻る