ヒュウガトウキの畑 拡張中!!

2017.10.21

昨今の、薬に頼らない健康維持の考え方の広まりでしょうか?

ヒュウガトウキをお求めになるお客様が急増中です。。

確かに、薬害や後遺症の出る恐れのある化学合成のお薬よりも

自然由来の植物から作られる 食品で健康維持ができればそれは夢のようなお話です。。

日頃から食事や運動に気を遣い ヒュウガトウキ(日本山人参)のような食品を

毎日 飲み続けていただければきっと良いことがあると

素直に信じていただくことが大事です。。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然

Comment(0)

ヒュウガトウキ畑の除草作業

2017.07.09

いまだ梅雨明けすることもなく。。

福岡県南部や大分県北部では、大水害が発生し亡くなられた方も多数いらっしゃるようです。心よりお見舞い申し上げます。

九州北部ほどではありませんが、ここ宮崎の延岡市でも強い雨が短時間に降る状況です。時折見せる太陽が気温を一気に上昇させて 息苦しいくらいに湿度が増します。

春先の寒暖差じゃないですが、体がついていけない感じです。

そんな中、植物はたくさんの雨と強い日差しですくすくと成長しており、除草作業に追われる毎日をおくっているところです。。

DSCF4018 DSCF4019 DSCF4021 DSCF4022

1、 作業はじめ                 2、機械でヒュウガトウキをよけながら       3、やっと姿を現しました            4、どこにあるかわかりますか?

まだまだ暑い夏はこれからですA(==;

 

Comment(0)

冬の草 ヒュウガトウキ

2017.02.04

DSC_1024ヒュウガトウキは、6月頃花が咲き、種ができる植物です。

が、この冬の時期、周りの雑草が枯れて茶色い風景のなか 青青と育っています。

これから3月、4月にかけて一気に成長する準備をこの時期から始めています。

 

#日本山人参 #ヒュウガトウキ #癌 #高血圧高血糖 #アレルギー 

Comment(0)

徐福草(ヒュウガトウキ)は自然栽培

2015.11.21

弊社が販売いたします、ヒュウガトウキ(日本山人参)

もともと、弊社のある宮崎県の北部 日向の国と呼ばれていた地域に
自生していた特有のトウキのことを指しています。

ですから、昔は山に入るとそこかしこに自生していました。
しかし近年、その名が知れるようになり みんなこぞって 採取をし
今では、宮崎県のレッドデータブックにイエローデータとして掲載されるほどになってしましました。

というのも・・この日向になぜ? 栽培方法は?などなどその育成方法が解明されていなかったからです。

しかしながら、この日向の国では自然栽培でも十分に生育します。
農薬はもちろん肥料も使用いたしません
逆に、自然栽培だからこそ安心ですし、成分が濃いという自信があります。

DSC_0610

除草剤やビニールマルチの代わりにもみ殻を敷き詰めました。。

肝臓がんや高血圧高血糖などメタボが気になり始めた方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

Comment(0)

亀長茶園「徐福草」公式ショップへ

ブログのトップページへ

最近のコメント

  • まだコメントはありません

月別アーカイブ

このページの先頭へ戻る