延岡市の徐福導師の伝説

2016.01.14

延岡市の祇園町商店街の一角には、徐福導師の銅像をお祭りする徐福堂なるものがあります。

秦の始皇帝の命で不老不死の妙薬を探しに、日本を訪れた導師の一行が、日向の地で船を停泊させ、登ったとされるのが、今の今山八幡宮です。

現在は、海から5kmくらい内陸に入った場所となっていますが、昔 ここは海だったということでしょう。

八幡宮の入り口に船を結んだ岩がまつられています。次回は写真つきで紹介しますね〜!!DSC_0188 DSC_0190

昔の人も高血圧や高血糖など成人病のかたがいたらしいです。秦の始皇帝も贅沢のしすぎげ成人病だったのかも知れませんね。。。

コメントを残す

亀長茶園「徐福草」公式ショップへ

ブログのトップページへ

最近のコメント

  • まだコメントはありません

月別アーカイブ

このページの先頭へ戻る